ファームウエアの更新で画面が180度回転

ファームウエアが4.33.1.243が公開されたので更新してみました。
少し離れた場所のカメラが更新中にオフラインになってしまい、アプリから電源のON-OFFを繰り返したり、直接電源を入れ直したりしているうちに復活しましたが慌てました。
で、ライブ画面を見ると180度回転しています。
設定で180度回転させるのスイッチをオンにしてライブ画面に戻り、もう一度繰り返したら正常に戻りましたが、これってバグ?私の環境だけ?

私の環境でも全台発症しました。
同じく設定でオンオフして正常に戻りました。

私も同様です。
まあ、直るので多めに見ましょう(笑)

正常に戻っていたカメラがエラー表示の後また180度回転して表示されています。
私だけではないようなのでファームウエアの更新はしばらく待たれたほうがいいかと思います。
設定で戻りますが…

どうも再起動後はディフォルトで180度回転の仕様のようです(笑)。

1 Likes

同じ症状でしたが、同じくオンオフで治りました。

このカメラ不安定なので常時運用してると暴走して勝手に再起動するけどそのときに180度ひっくり返った不具合状態に戻るので今回のファームウェアで致命的に使いにくくなった
なんでこんな不具合に気が付かないままリリースできるんだろう

私もそう思います。おかしいと投稿したのが3日前ですが、その後も対策されず、
この件についてのサポートからの書き込みもありません。
このファームウエアの提供は続いているんでしょうか止められているのでしょうか?

ファームウェアの開発は、外部委託先(中華?)なのでしょうね(笑)。自社であれば、最低限のテスト後にβ版として提供するでしょうから。というか、この会社は日本製と謳っていますが、まるっきりのダミー?

私は検出スケジュールの時間もおかしくなっていました。
常時検出のは問題ありませんでした。

キワモノ好きしかベータ版は使ってはいけません。
なんども痛い目にあっていますが、リリースされるとつい入れてしまいます。。
遠隔地のだけは1日様子をみますが。。。

基本部分は外部委託というか出来合いの機能を買ってくるだけで自社では日本向けの調整だけしてるのかもね
バク放置とかやたら多いけど自力では修正できなく製造元に修正を依頼する交渉力もないって感じですかね
仮にファームウェアが完全委託でも公開の可否判断のための動作確認くらいは自社でできるはずだけどこのメーカーは管理体制が貧弱というかノーチェックなんだと思う
同じような初歩的ミスを過去何度も繰り返してるし

クラファンで言ったAndroid5対応の約束なんていつ果たすつもりなのか…直接問い合わせても無視されたし完全に詐欺だよこれ…「当初予定しておりましたが実現不可能になりました」と言えばいいのにそれすら無し

このようにサポート不利な内容に対してはメーカー側はメール問い合わせだろうがコミュニティだろうが徹底スルーなのはいつものことなので諦めるしか…

最新ファームウェア4.33.1.245ではひっそり直ってそうです。
特に何にもアナウンスありませんが…

サポートチームから修正予定とは聞いていました。

このファームのせいかわかりませんが検知の設定がおかしくなっていたのも直っているようです。
常時検出にしてあったのですが、いつの間にか変わっていてアラームが来なくなったカメラが有りましたが、新ファームで再設定してアラームの通知があるようになりました。