動体検知で遅延時間を設定できるようにしてほしい

動体検知からの記録時間が12秒となっていますが、
検知後、一定時間後から12秒というように、遅延時間を設定できるようにしてほしいです。
猫トイレの監視用途で使用していますが、検知直後から12秒だとトイレに入っている姿を確認できないため、数秒間の遅延を入れたいです。

今後の展開で、12秒以上の記録も検討されているとのことですが、
記録時間は12秒で良いが、遅延を入れて確認したいです。

12 Likes

賛同します。
私は介護が必要な親のチェックで、廊下に設置していますが
・親が廊下にはいると検出する
・しかし歩行器でゆっくりゆっくり歩くので、ちょっと映ったぐらいで撮影終了
ってなっちゃってます。
また、家に来る車をチェックしていますが
・車が入ってきて検出
・車が止められて人が出てくる前に終了
ってなっちゃいます。
ご検討よろしくお願いします!

4 Likes

12秒は短すぎると思います。
検知した後動きがある場合は続けてとり続けてもらえないと
防犯機能としての役割として不十分だと思います。

かといって常時録画は探すのに苦労するので、
せめてSDカードで録画する時だけでも
1分くらいは録画出来るようして欲しいです。

機能としてはそれ以外はとても使いやすく重宝しております。
ありがとうございます。

4 Likes

amagi556さんの意見に賛成、撮影時間の設定ができると良いと思う

5 Likes

私も12秒だと足りません
きっとクラウド保存とかあるので12秒なんだと思います。

クラウドには12秒でもかまいませんが
SDカード指してる場合は秒数増やして再生チェックできる仕組みができればありがたいです

3 Likes

録画モードを連続録画にすれば、その後も確認できますが、それだと不都合あるんでしょうか?

32Gで、約二週間分はいけてます。それ以上の保存はONVIF/NAS対応を待つしかないですが。。。

2 Likes

メッセージセンターから見ると12秒しか見れません。

前後を見るには時間確認して該当カメラの録画に飛んで確認する必要があり少し面倒です

5 Likes

動体検知イベントでの動画参照から、SDカードへの連続記録動画へのシームレスな連携ができれば、使いやすくなると思います。

動体検知時の記録モードとして、
・ クラウド保存 (12秒:記録開始の遅延時間設定できると良)
・ SDカード保存 (任意の時間)
のように選択できれば、使い勝手が上がると思います。

クラウドに保存する動画の時間を増やすと、リソース、費用の問題が出てくるかと思いますが、
SDカード保存であれば、考慮がほぼ要らなくなるかと思います。
ただ、カメラ単体でかなり安価なので、単体でできることが増えるといろいろなニーズに合っていくのではないかと思います。

3 Likes

動体検知で録画開始し、録画終了前に次の動体検知がされたら、さらに12秒後まで録画するようにして欲しいです。

玄関に設置していますが、電気を付けて明るくなると録画開始されますが、実際に出入りする部分が映っていないことが割とあります。

1 Likes

「ATOM Cam検知動画の記録時間延長」、「12秒動画遅延録画機能」のご要望が多いためアンケートを実施します。

・「動体検知」をした際、検知した動体が映像内から消えるまでの間記録し続け、AWSクラウドサーバー上に14日間保存する
・月額制での提供になるが、いくらくらいなら使いたいか
・12秒動画遅延録画機能(無料)も合わせて希望するか
などのアンケートになります。

以下のフォームよりアンケートにお答え下さい。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSddovFv95gYQJux1Y65BXlGtFf3dSwGpUfkobCwJpuNZm1zOQ/viewform

4 Likes

関連して、SDカードにローカル録画する設定にした場合は、AWSクラウドサーバーを使わない設定ができるようにして欲しいです。
この場合は、AWSの料金がかからないので、記録時間を12秒以上に延長しても、月額料金が不要にできますよね。

1 Likes