赤外線ライトオフ時の挙動

赤外線ランプをオフにして使用していますが、夜間の映像を見ると、本体の赤外線LEDがわずかに点灯しているように見えます。実際に4つの輝点が映っていますが、皆様いかがでしょうか。

当方では、2台運用していてどちらもそのように見えます。なお、添付画像で8点光っているように見えるのはペアガラスで反射しているためです。

1 Likes

うちも窓ガラス越しに外を撮影してる上にど田舎なんで、暗くなると同じよう写り込んでますね

完全オフにはなって無いのでしょうかね

1 Likes

早速コメントありがとうございます。同じ挙動のようですね。完全消灯できると映り込みを気にしなくていいんですが。。

最近新たにATOMcamを追加したのですが、コチラは赤外線ライトオフだと全く写り込まないので、夜間ガラス越しでも使えそうです
この以前の2台は完全オフにはなりません
ファームウェアもアップデートされていますが完全にLEDを消灯出来るモードが欲しいですね

情報ありがとうございます。ハードウェアのマイナーチェンジがあったんでしょうかね?初期ロットでも完全消灯してほしいですね。。

ハードウエアの変更なのか、個体差なのかわかりませんので、公式なアナウンスがあれば嬉しいですね
出来る事なら完全に消灯にして欲しいですよね

製造時期での違いでもあるのでしょうか?
私の場合クラウドファンディングの時のカメラを使っています。窓ガラス越しに外を映していますが、赤外線を切ってあるので夜間は真っ黒な画像でライトの映り込みはありません。
映している場所にはセンサーライトがありますので不審者は映るはずと考えています。それに夜間でも車は通りますのでヘッドライトでもモーションアラーム反応します。

赤外線ライトは消せるはずだと思います。
なお暗闇で赤外線ライトがついているときは、カメラを正面から見たら赤いライトが確認できると思います。

上記のUchanさんの画像の通りです

我が家にあるATOMcamの3台のうち2台は赤外線ライトをOFFにした状態でも同じように映り込みます

赤外線ライトをONにするとそれはもう盛大に反射しますよw

なので、赤外線ライトをOFFにした状態でも、完全に消灯しない個体があるんてす

そうなんですね。
私のカメラで再確認してみましたが、ライトoffで反射(点灯)はありませんでした。
ちなみにフォームウェアは4.33.1.231を使用しております。

OFF設定時は、明らかにIR LEDの輝度は下がっていますが僅かに点灯した状態といえばよいでしょうか。そのため、薄暗くなってきてナイトビジョンに切り替わった頃の映像では、まだ周囲の方が明るいため反射していることに気づかない程度です。そこからだんだん暗くなり、露出(感度)があがってきて初めて点灯しているのが確認できます。最初の投稿に添付したのがその状態です。購入時期的に初期のロットばかりですが、4台とも同じ症状です。ファームウェアは4.33.1.192ですが、ナイトビジョン時のLED制御が可能になった以降は常にこの挙動ですね。。

私の場合ファームウェア4.33.1.231で赤外線センサーの挙動がおかしくなり、夜間にon-off繰り返してました。
具体的には外部から光が当たるとoffになり、モノクロの画像がカラーに切り替わるというものです。光が当たらなくなるとモノクロに…の繰り返しでした。
最新の4.33.1.231では、この現象はなくなりました。
なにか関係があるのでしょうか。
なお、どのカメラも当初から赤外線ライトはoffにできております。

ファームウエアはうちのATOMcamも最新版になっています
ですがやはり赤外線ライトは完全には消えていません
周りの明るさには影響されると思いますが、初期に導入したカメラと最近導入したカメラは窓越しに外を撮影していて、ほぼ同条件と思います
やはり個体差があると思われます

ご不便をおかけしており申し訳ございません。
現在赤外線ライトの消灯について、調査を行なっております。
改善策についてお伝えできず申し訳ございませんが、
ご回答させていただくまで今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。

前回、最近購入したATOMcamの赤外線ライトが消灯していると報告したのですが、本日カメラの向きを調整している際、画像を確認したところ、ライトが写り込んでおり、結局全カメラ消灯していないことを確認したので報告します

カメラの位置と向きによって写り込んでいなかったみたいですが、結局完全消灯していませんでしたので報告いたします