AtomCam2がWindowsアプリβ版から接続できません

AtomCam2がWindowsアプリβ版から接続できません。
AtomCam初代は接続できて画像も音声も確認できます。

「いいね!」 2

ATOM Cam2は非対応です。
ダウンロードのページに書いてありますよ。

ATOMアプリダウンロード | ATOM Tech(アトムテック)

Windowsアプリβ版/Macアプリβ版
※β版はサポート対象外となります。

※ATOM Cam(初代)のみ対応、ATOM Cam 2は非対応です。

サポート対象外とは言え、対応はしてほしいですね。

「いいね!」 4

私も対応して欲しいと思っている1人です。
Windows版クライアントをユーザで作成できるSDKだけでもリリースしてくれるといいのですけどね。

因みにWindows上でどうしても使いたくてAndroid-x86を仮想VMとして動作させて、そこにAtomアプリをインストールして使おうと試みましたが、インストールはできても起動すると即アプリが落ちてしまい使えませんでした。。

(追記)
別スレッドでBlueStack 5をWindowsに導入したら使えたと報告があったので試したところ、うまくAtomCam2の監視映像をWindows上で表示できるようになりました。
ひとまずこれで目的は暫定的に対応できましたが、やはりWindowsネイティブのアプリのリリースを期待しております。

ここにあるのがATOM Cam(初代)用のファームウェアだと思うのですが、

• ATOM Camファームウェア
Webカメラ化前に使っていたバージョンのファームウェアをダウンロードし、ご使用ください。
[4.33.1.142の方はこちら] ←これ

これをATOM Cam2に入れると、Windowsアプリβ版で接続できますよ

これはUSBケーブル(それも特殊な)を使って、webカメラとしてパソコン等に接続するものだと思います。
WiFiのアドレスが関係なくなるのでwindowsやMACのアプリでは見えないと思いますよ。
実行して確認されたのでしょうか?
後半はwebカメラ化したものを通常のカメラに戻すためのファームの記事だったと思いますが。
しかもATOMcam初代用なのでATOMcam2に適用するなら、確認が必要だと思います。
初代と2では通信のプロトコルが違うようです。

「いいね!」 1


私もここが気になります。
スマホアプリからもつながらないと意味ありませんしね。

そうです。Webカメラ化ではなくて、「webカメラ化したものを通常のカメラに戻すためのファーム」のほうです。
ATOM Cam(初代)用なので当然何らか不具合が生じる可能性はありますが、少なくとも私は自分の個体で実行してWindowsアプリβ版の動作確認できました。

「いいね!」 1


ということは、初代Webcamの最新ファームでも動くかもしれませんね。
だめなら、このファームバージョンだけがWebCam2でも有効ということですかね。

ATOMcam初代として使うわけですね。了解しました。
であればファームウエアのいずれかの(ここでは4.33.1.142)のdemo.binで直接ダウングレードすれば良さそうですね。
いずれにせよメーカー保証対象外になると思われます。
アプリから支障なく使えているのでしょうか。

仰るとおりかと思います。
私は初回試した 4.33.1.142 でうまくいったため、ほかのバージョンでは試しておりません。

Androidですが、アプリでも使えています。
試しにやってみたら出来たという情報共有にすぎませんので、試される方は自己責任覚悟で。

了解しました。
でもATOMcam2が初代のファームで動くのならATOMcam2との違いはなんだろうと考えてしまいますね。
防水とカラーナイトビジョンだけか。NAS連携もまだできないし…

上の方のVMに仮想androidで、というので思い出したのですが
noxというwindows上でandroid(のゲームなどを動作させる)アプリでATOMアプリをインストールしたところ、問題なく動作しました。
(他のandroid端末で既に登録済みでしたが、登録自体もできそうですが)
縦画面で使うように設計されているアプリのため、noxも縦に設定して使う必要があるようですがそれ以外は特に問題なく使えています。

「いいね!」 1

Noxで稼働確認できました。
Windows11ではAndroidエミュレータ搭載ということなので、安心して使えることになりそうですね。